2009年07月20日

第五十四条

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 今日の問題 【 】を穴埋めしてください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第五十四条
1 衆議院が解散されたときは、解散の日から【  】日以内に、衆
議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から【  】日以内に、国会
を召集しなければならない。

2 衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に【  】となる。
但し、内閣は、国に緊急の必要があるときは、参議院の【    】
を求めることができる。

3 前項但書の【    】において採られた措置は、臨時のもので
あつて、次の国会開会の後十日以内に、【   】の同意がない場合
には、その効力を失ふ。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 正解:
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第五十四条
1 衆議院が解散されたときは、解散の日から【四十】日以内に、衆
議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から【三十】日以内に、国会
を召集しなければならない。

2 衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に【閉会】となる。
但し、内閣は、国に緊急の必要があるときは、参議院の【緊急集会
を求めることができる。

3 前項但書の【緊急集会】において採られた措置は、臨時のもので
あつて、次の国会開会の後十日以内に、【衆議院】の同意がない場合
には、その効力を失ふ。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃本条についての解説・関連判例等をご覧になる場合はこちら!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://0503.seesaa.net/article/31265205.html
posted by 管理人 at 11:21| 憲法穴埋め問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。