2007年01月07日

第四条

1 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
2 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。



【解説】
天皇の権能の限界、天皇の国事行為の委任(臨時代行)について規定しています。
2項の「法律」として、「国事行為の臨時代行に関する法律」が存在します。
posted by 管理人 at 02:57| 01〜05条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。