2007年01月08日

第六条

1 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。

2 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。



【解説】
天皇の任命権について規定しています。
内閣総理大臣と最高裁判所長官について、任命する者は同一(天皇)であるが、指名する者は同一ではありません。

それぞれ誰が指名し誰が任命するかは、各資格試験でよく問われるところです。
posted by 管理人 at 20:00| 06〜10条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。