2007年01月07日

第十条

日本国民たる要件は、法律でこれを定める。


【解説】
日本国憲法第3章(国民の権利及び義務)の最初の条文です。
ここでいう「法律」とは国籍法のことです。
国籍法によると日本国籍を取得する具体例は以下です。

出生による取得
出生時に両親の一方が日本国民である場合
出生前に父が死亡した場合で、その死亡時に父が日本国民であった場合
日本で生まれ、両親がともに不明あるいは無国籍の場合
準正による取得
帰化による取得


【関連判例】
マクリーン事件(最大判昭53.10.4)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=26541&hanreiKbn=01

外国人地方選挙権訴訟(最大判平7.2.28)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=25633&hanreiKbn=01
posted by 管理人 at 06:14| 06〜10条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。