2007年01月10日

第十三条

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


【解説】
個人の尊厳および幸福追求権について規定しています。


【関連判例】
京都府学連事件(最大判昭44.12.24)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=27377&hanreiKbn=01

前科照会事件(最判昭56.4.14)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=26372&hanreiKbn=01

外国人指紋押捺事件(最判平7.12.15)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=25590&hanreiKbn=01

PVS写真撮影事件(最判昭61.2.14)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=26054&hanreiKbn=01
posted by 管理人 at 18:56| 11〜15条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。