2007年01月10日

第二十条

1 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。



【解説】
信教の自由と政教分離原則について規定しています。


【関連判例】
津地鎮祭事件(最大判昭52.7.13)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=26634&hanreiKbn=01

愛媛玉串料事件(最大判平9.4.2)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=25515&hanreiKbn=01

加持祈祷事件(最大判昭38.5.15)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=28505&hanreiKbn=01

エホバの証人事件(最判平8.3.8)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=25577&hanreiKbn=01

オウム真理教解散命令事件(最決平8.1.30)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=25583&hanreiKbn=01


posted by 管理人 at 19:02| 16〜20条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。