2007年01月10日

第二十五条

1 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。



【解説】
いわゆる生存権を保障しています。


【関連判例】
朝日訴訟(最大判昭42.5.24)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=27839&hanreiKbn=01

堀木訴訟(最大判昭57.7.7)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=26280&hanreiKbn=01


posted by 管理人 at 20:56| 21〜25条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。