2007年01月10日

第二十六条

1 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。



【解説】
教育を受ける権利および義務教育について規定しています。


【関連判例】
旭川学テ事件(最大判昭51.5.21)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=26700&hanreiKbn=01
posted by 管理人 at 21:11| 26〜30条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。