2007年01月11日

第四十条

何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。


【解説】
刑事補償を受ける権利を保障しています。詳細は刑事補償法に定められています。
用語は「賠償」ではなく「補償」です。


posted by 管理人 at 14:17| 36〜40条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。