2007年01月12日

第五十五条

両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。


【解説】
資格争訟の裁判について規定しています。

本条のとおり、議員の資格争訟の裁判は、裁判所ではなく両議院が行います。(裁判所法3条1項 参照)
議員選挙の当選についての裁判は、裁判所が行います。

裁判所法3条1項
→裁判所は、日本国憲法に特別の定のある場合を除いて一切の法律上の争訟を裁判し、その他法律において特に定める権限を有する。
posted by 管理人 at 01:43| 51〜55条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。