2007年01月12日

第六十条

1 予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。

2 予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。



【解説】
衆議院の予算先議権、予算議決に関する衆議院の優越を規定した条文です。

法律案
 →両院協議会の開催は任意的です。
予算、条約、内閣総理大臣の指名
 →両院協議会の開催は必要的です。



posted by 管理人 at 01:46| 56〜60条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。