2007年01月12日

第八十条

1 下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によつて、内閣でこれを任命する。その裁判官は、任期を十年とし、再任されることができる。但し、法律の定める年齢に達した時には退官する。

2 下級裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。



【解説】
下級裁判所の裁判官について規定しています。
下級裁判所の裁判官の任期は10年と書かれています。なお最高裁判所の裁判官には任期はありません。

なお、下級裁判所とは裁判所法で定められており、高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所が該当します。日本の裁判所は次のように分類されます。
@最高裁判所
A下級裁判所(高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所)
posted by 管理人 at 02:01| 76〜80条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。