2007年01月12日

第七十八条

裁判官は、裁判により、心身の故障のために職務を執ることができないと決定された場合を除いては、公の弾劾によらなければ罷免されない。裁判官の懲戒処分は、行政機関がこれを行ふことはできない。


【解説】
裁判官の身分保障について規定しています。
「公の弾劾」は、弾劾裁判所が行います(64条参照)。
posted by 管理人 at 02:02| 76〜80条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。