2007年01月12日

第九十五条

一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。


【解説】
特別法の住民投票について規定しています。

特別法は、国会が単独で制定することはできません。関係する地方公共団体の住民の過半数の同意がなければ国会はこれを制定できません。
国会単独立法の原則(41条参照)の例外です。

第四十一条
→国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。
posted by 管理人 at 14:27| 91〜95条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。