2007年01月12日

第九十六条

1 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。



【解説】
日本国憲法第9章(改正)の条文です。憲法9章は本条のみで成り立っています。
日本国憲法の改正手続について規定しています。

憲法改正には以下が必要です。
@両議院において、それぞれ総議員の3分の2以上の賛成、かつ、
A国民投票による過半数の賛成
つまり、憲法改正は国会議員だけではできないということです。国民の過半数の賛成が得られなければ、憲法は改正されません。



posted by 管理人 at 14:35| 96〜103条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。