2007年01月08日

第六条

1 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。

2 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。



【解説】
天皇の任命権について規定しています。
内閣総理大臣と最高裁判所長官について、任命する者は同一(天皇)であるが、指名する者は同一ではありません。

それぞれ誰が指名し誰が任命するかは、各資格試験でよく問われるところです。
posted by 管理人 at 20:00| 06〜10条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第七条

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
一  憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
二  国会を召集すること。
三  衆議院を解散すること。
四  国会議員の総選挙の施行を公示すること。
五  国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
六  大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
七  栄典を授与すること。
八  批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
九  外国の大使及び公使を接受すること。
十  儀式を行ふこと。



【解説】
天皇の国事行為を列挙しています。
天皇が国事行為を行うには、内閣の助言と承認が必要とされています。責任を負うのは内閣です(3条)。

第2号 内閣の決定に基づいて、天皇が国会の召集を行います。

第5号 内閣総理大臣および最高裁判所長官は、天皇により任命される(6条)が、それ以外の国務大臣、最高裁判所判事等は、任命権者による任命を経た後に、天皇が認証する。

第6号 認証は天皇ですが、決定は内閣が行います(73条7号)。

第7号 栄典とは具体的には、叙勲、褒章、文化勲章などです。栄典には特権の付与や相続は認められません(14条3項)。


posted by 管理人 at 06:17| 06〜10条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

第八条

皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。


【解説】
皇室の財産授受についての規定です。

特定の場合には国会の議決は不要とされています(皇室経済法2条)。
例:
相当の対価による売買等の通常の私的経済行為
外国交際のための儀礼上の贈答
公共のためになす遺贈・遺産の賜与
その他年度ごとに一定限度額内

なお皇室財産および皇室費用については、憲法88条に規定されています。
→第八十八条
すべて皇室財産は、国に属する。
すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。


posted by 管理人 at 22:16| 06〜10条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第九条

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



【解説】
平和主義を規定しています。ちなみに日本国憲法第2章は本条のみで構成されています。


【関連判例】
砂川事件(最大判昭34.12.16)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=29286&hanreiKbn=01

百里基地訴訟(最判平元.6.20)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=25904&hanreiKbn=01
posted by 管理人 at 12:15| 06〜10条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第十条

日本国民たる要件は、法律でこれを定める。


【解説】
日本国憲法第3章(国民の権利及び義務)の最初の条文です。
ここでいう「法律」とは国籍法のことです。
国籍法によると日本国籍を取得する具体例は以下です。

出生による取得
出生時に両親の一方が日本国民である場合
出生前に父が死亡した場合で、その死亡時に父が日本国民であった場合
日本で生まれ、両親がともに不明あるいは無国籍の場合
準正による取得
帰化による取得


【関連判例】
マクリーン事件(最大判昭53.10.4)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=26541&hanreiKbn=01

外国人地方選挙権訴訟(最大判平7.2.28)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=25633&hanreiKbn=01
posted by 管理人 at 06:14| 06〜10条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。